読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nowayのブログ

人間関係はミニマリストなnowayな私が省エネに生きる様を面白くお伝えできたらと思って書いていきます。

30代独身男のダイエットと抜け毛問題 本当に大切なものは髪の毛

やあ、inowayです。

正月太りに悩んでいる人も多いんじゃないかな。私はそんなこと無かったよ。何故かって?一人でご飯を食べていたから平時と何ら変わらなかったからだよ。むしろ酒量が増えて食べ物はあまり食べなかったくらいだ。はは。

しかし私は2015年度ダイエットをしていたのです。実は。

 

 2015年度は私は貯金に励みつつ、ダイエットに励み、そして髪が禿げてきた、~ingの進行形ね、もしくはハゲカケタールである。よって今はまだ過渡期であり禿げに属すには未熟で、ふっさりとはちょいと違う、まあ年相応と言えるのかもしれない(甘い自己評価)

まずはダイエットについて書くね。大したことはしていないよ。4月の時点で、身長175センチの体重70㎏でした。筋肉質や骨太ではないから単純に腹巻みたいな贅肉をぶら下げて生きていたわけです。かわいいですね。

さて、しかし腹巻もとい浮き輪のような贅肉を嬉しげに揺らして歩くことに、ちょっと元気良すぎるよねと思っていたわけです。Tシャツ着たらおなかぽっこりのぽっちゃり系男子なんて、よっぽどキャラが立っていないと似合いません。私はそんなふうな元気なキャラクターではない陰キャなので、ぽっちゃり系根暗中年になってしまいます。それはただの中年太りです。これはちゃんと取り組まないといけない。

しかしダイエットの方法なんて難しいことはする気も起きなかったので、ただ食べる内容を吟味することのみを行いました。結果として効果は即時あらわれました。今までは、昼に吉野家、夜に定食やラーメンといった生活をしていたわけです。食間におかしくらい食べていたようにも思います。ビールも飲んでいた。結果、昼と夜で2500kcalを容易に超える食生活をしていることを自覚することからスタート。

外食を辞め出来るだけ自炊をしました。もしくは外食の内容を、お店で食べることからコンビニでおにぎりとコロッケとお茶を1つずつ買うことにとどめました。夜は野菜中心=キャベツともやしとキノコ類を炒めたり茹でたりして豚肉や鶏肉で。米は1合を半分を1食としました。味噌汁にはわかめ。パスタの時はコンソメスープみたいな。

キャベツなら1玉で安い時は150円以内です。4つに切って4食分の調理に用いました。かなりの量のキャベツを食べることで満腹感にもなり、腸内環境も整います(紳士的な言い回しだね)

だいたい1500kcal~1800kcalを目指せば良いと考えていました。成人30代は運動強度が低い人でも2300kcalが適正だと言われますが、多分体重をキープするならそれくらいまでとっても大丈夫なんでしょう。ただ減らさないといけないので適正値の30%引きを狙った食生活を心がけました。

脂肪1gを減らす為には7kcal必要らしいので、まあ500kcal~800kcalレスで毎日を過ごせば、月間トータルで15000kcal~24000kcal=1.5kg~2.4kgは減らせるという机上の空論なわけです。

料理をろくにしてこなかった男の作る料理ですから、難しいことはできません。包丁、まな板、フライパン、鍋くらいでできる料理です。食器も、お茶碗、コンビニで昔景品でもらったお皿、味噌汁の椀くらいのもの。洗いものも少なく済むように。

で、たまに外食で好きなものを食べることをして、上記の代わり映えのしない自炊を続けること3か月で、70㎏→65㎏へ改善。運動は特にしていません。勝手に夏場が来て食欲も落ちたことから痩せに拍車がかかったと言っても良いでしょう。おおむね1g=7kcal計算はだいたい当たっているということが分かったということでしょうか。

夏が終わり冬場の現在の私で64㎏前後をキープしています。外食機会も結構増えていますが、1食2食カロリーが大きい料理を食べたからと言って、そんなにすぐに腹に脂肪がたまるわけではないです。3日スパンくらいでカロリーコントロールしたら十分だと私の体で確認しています。

体重計測も、直前に水を飲んだら200g程度変わるわけです。便意が無くとも腸内には存在しているんですから、これの有無でも体重は100g単位で増減します。

ですからあまり一喜一憂しすぎずに、1週間平均や1か月単位での推移で現状確認をすればよいのだと思います

ただね、ダイエットって身体からしたら急に摂取カロリーが減ってしまって、軽い飢餓状態だと勘違いしてるんじゃないかなと思うんですよ。今まで十分すぎるエネルギーで動いていたのを適正カロリー値よりチョイ下くらいでキープすると、生命維持の為なんでしょうねえ、重要度が低いところへのエネルギー供給を怠るようになるようです。

身体が考える重要度と、意識である私の考える重要度は全く違って、身体のやつめ何を思ったのか髪の毛の優先順位を下げてしまった。その弊害で、髪は細くなる、なんだか抜け毛が増える、などが9月10月頃に発生。大いに私を失望させました。鏡で見ると何だか地肌がこんにちわ。地肌隠れとけと言いたい。

ただ、秋ごろって抜け毛が増えるんですって!というネット情報を信じてストレスをためないこと、体重も減らす必要が無いため2000kcal~2300kcal程度に戻した結果、まあ改善の兆しがみられるような気がしています。いやどうなんかな、髪の毛を短くしたから分かりにくくなっているだけかも。いや違う違うそうじゃなくて、ポジティブに考えて改善だこれはきっと。

そういう風に私は鏡の前に立ち、体を横に向けて腹が出ていないことを確認し、にっこりと喜んだ後に、おもむろ髪の毛をかき分け毛量確認にいそしみたぶん大丈夫って信じて冬空の下に今日も元気に仕事に行くのです。頭が涼しいのは髪を短くしたからかなきっと。