読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nowayのブログ

人間関係はミニマリストなnowayな私が省エネに生きる様を面白くお伝えできたらと思って書いていきます。

群馬県:高崎の二郎系ラーメン「大者」 夜中だってのに行列待ち1時間 

群馬県高崎市にある超有名な二郎系ラーメンと言えば「大者」だ。黒々としたオールバックが特徴の店長の手から繰り出される、圧倒的質量の麺、野菜、チャーシューが織りなすハーモニーは、一度食べることをお勧めしたいラーメンである。あ、一番の特徴はオーナーの「トッピン?」だと思われるけど。

住所

群馬県高崎市貝沢町1282−1

高崎駅からだとタクシー利用か。車があればすぐだけど。群馬に来る観光客や出張者の多くは車移動だと思うので、足には困らないか。最寄駅は「高崎問屋町駅」。高崎ICからも近いね。

f:id:ryoinoway:20160213135809p:plain

 

店舗外観

この看板が目印。手書きかな?DAIJAと読む。看板も目印だけど、行列も目印になると思う。昼も夜も混んでいるので。

f:id:ryoinoway:20160213140840j:plain

営業時間

昼 11:00~14:15

夜 19:00~22:45

だけど明確な終了時間ってたぶんさらに30分くらい延長されていると思う。

この日私が並んだ時間は22:10だったが入店できたのは22:55。22:40には看板の明かりが消えたが、行列はみんな入店できた。おそらく最後のほうの人は23:15くらいだったんじゃないかな。いい店長だと思う。スープ切れや麺切れなんてしないようにしてくれているんだろうね。

ラーメン外観

この日のオーダーは普通のラーメン750円にトッピングはニンニクのみ。

しかしながらのボリューム。ううん、食べきれるか。また箸を突っ込んだまま写真を撮ってしまった。食べたい気持ちが先走ってしまっている。行儀悪くてすまない。

 f:id:ryoinoway:20160213140902j:plain

私が一番の美点だと思うポイントは、チャーシューがせこくないところである。厚みがあり量も十分なボリューム。二郎系ではナンバーワンに私好み。このチャーシューが私が大者に来る理由の5割を占めているといって言い過ぎではない。

野菜はもやしベースの普通のもの。シャキシャキ感は強め。

麺は中太麺。この日は訪問時間が遅かったからなのか、麺の乾燥が気になった。いやもしかするとスープの吸収を促進するためか?わからないが。

にんにくは、欠片でたっぷり入る。すりおろし系ではない。

まとめ

完食、おなか一杯感は半端ないのだ。おそらくチャーシューがさぼっていないからだ。店舗外には自販機がありサントリーの黒烏龍茶180円が販売されている。結構みんな買っていた。脂っこいからね。黒ウーロンは合うだろう。

関西のラーメン荘がこのチャーシューくらいの質量があればうれしいんだけどなあ。

 

 

inoway.hatenablog.com

inoway.hatenablog.com

inoway.hatenablog.com

inoway.hatenablog.com