読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nowayのブログ

人間関係はミニマリストなnowayな私が省エネに生きる様を面白くお伝えできたらと思って書いていきます。

新横浜ラーメン博物館にてミニラーメンを食べる 山形「龍上海」と熊本「こむらさき」

食レポ

f:id:ryoinoway:20160410222713j:plain

出張サラリーマンの楽しみと言えば昼ご飯である。

とはいえ、出張の度になんでもかんでも食べていたら金欠だ。

せめて1000円以内におさめたい、と思う

で、何となくラーメンを食べることが多い。

今回は新横浜まで来る仕事があったので気になっていた店に来た。

新横浜ラーメン博物館である。

いろんな地域のラーメンを食べられると聞いて立ち寄ってみた。

 場所

結構駅から離れていた。といっても5分くらいだろうか。

もう少し駅近の駅ビル的なイメージだったが、少し離れていて結構小さいイメージだ。

ビルとビルのはざまに存在しているって感じだ。見つけにくいかも。

f:id:ryoinoway:20160410215926p:plain

店舗外観

こんな感じ。近くまで行かないと看板も見えない。

f:id:ryoinoway:20160410222936j:plain

うーん?さびれてる??ように見える。

チケット購入

入場券がいるのだった。大人1名310円。

f:id:ryoinoway:20160410222227j:plain

ちなみに私が食べたラーメンはミニラーメン。570円である。2杯食べた。

合計1450円の支出である。1000円の予算は超えることとなる。

博物館的なところもあり

1Fはお土産売り場とラーメンの博物館的な作りになっている。

f:id:ryoinoway:20160410222639j:plain

お土産を買って帰る相手もいないのでスルー、博物館?へ。

ラーメンの道具、全国のご当地ラーメンのマップもあり。

f:id:ryoinoway:20160410222321j:plain

 

f:id:ryoinoway:20160410222346j:plain

ご当地ラーメンを制覇してみたいものだ。28県あり私は11県食べていた。

f:id:ryoinoway:20160410222413j:plain

結構制覇しているように思う。

地下にラーメン店が立ち並ぶ

こんな感じでラーメン屋が並んでいる。昭和レトロ感だ。

f:id:ryoinoway:20160410222442j:plain

 

f:id:ryoinoway:20160410222508j:plain

 

f:id:ryoinoway:20160410222541j:plain

 

f:id:ryoinoway:20160410222606j:plain

せまくてごみごみしていて混む。

でも、友達や家族、カップルと来たら良さそう。

1人で来たらお察しである。小さい店内だから店によっては混む。

すみれは混んでいたのでパス。というか食べたことがあるから辞め。

ということで、山形のラーメンと熊本のラーメンがうまそう。

山形「龍上海」

店内はせまい。私が入った後に行列が出来ていた。滑り込みセーフ。ふ。

570円のミニラーメンをいただく。

f:id:ryoinoway:20160410222713j:plain

辛い味噌を溶かして食べる系、一風堂にもこういうのあるよね。

味はうまい、寒い地方のあったまりそうな味。おいしい、濃い目の味。

辛い味噌を溶かしたらなおうまし。リピートしたいそんな味。

熊本「こむらさき」

店内は広い。さっきの龍上海が10名くらいならこむらさきは20名は入りそう。

だからかもしれないが、空いているように感じる。

ここはニンニクチップが乗っかっていてパワー系、うまそう。

f:id:ryoinoway:20160410222744j:plain

で、ここでも570円のミニラーメンをいただく。

おやあ?薄い?味があんまり感じない、かも。

さっきの龍上海が濃すぎて、逆に味が分かりにくいかも。

順番を間違えたかも。水を飲みつつ、再度食べる、うーん薄い気がする。

にんにくをあまり感じない。おやあ?

ここはリピートはないな。

3件目・・・?

は無理。おなか一杯。私にはミニラーメンでも2杯でおなか一杯。

食べ盛りなら3件目も余裕だろうよ。

まとめ

入場料がいや。これは1人で飯を食いに来るところじゃないかもな。

昭和レトロ感はガン無視でラーメン屋をはしごして終わるのはもったいない。

是非、誰かと来られたほうがいいでしょう。

サラリーマンはおとなしく、町のラーメン屋に行きます、はい。