読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nowayのブログ

人間関係はミニマリストなnowayな私が省エネに生きる様を面白くお伝えできたらと思って書いていきます。

群馬高崎のつけ麺「かもん」が狂おしいほど好き

旨いつけ麺店が世の中にはたくさんあるが、

ずばっと好みに突き刺さる味ってのが人それぞれあると思う。

私にとってのそれが「かもん」だ。

 「高崎市 かもん」で検索すれば食べログにも出てくる。

食べログの評点は大勢の人達の集計結果だから参考になると思う。

だけど前述のとおり人には好みってものがあり、

他人からでは考えられないような好みもあるよね。

そう言う事実を考えたとき、

やはり好みに出会うには行動と体験あるのみだと思う。

ということで、健康に動けるからだと幾ばくかのお金があるのなら、行動しよう。

で、以下はカレーつけ麺である。味玉をプラスしているから1080円也。

ラーメンの高い安いだけはもうわからない。

 

味は魚介ベースとなっていてカレーのスープになっている。

f:id:ryoinoway:20160526201907j:plainf:id:ryoinoway:20160526201925j:plainf:id:ryoinoway:20160526201944j:plainベースになっているスープがそもそも濃い味であり麺に絡む粘度を持つ。

さらにカレー=小麦粉とスパイス、が加わるのだから絡み具合も半端ではない。

とってもうまい。おいしい。さいこう。

私に語彙がもっとあれば良さを伝えられるのだけど。

濃い味ではっきりしていてうまい。魚介感もただよっており旨味を感じる。

魚介×カレー×つけ麺=うまい である。

こうした濃い味でウマい文化って、寒い地方っぽい印象を漠然と感じている。 

麺は通常で250gとなっており、50円、100円と麺の量をプラスできる。

更にさらに、食べ終わった後は米を入れて雑炊にもできる。

雑炊も、卵、納豆、チーズ、と3種各250円となっており、ただの雑炊に終わらない。

ただ私は納豆が苦手であるから、隣席の客が納豆を頼まないことを願うばかりだ。

ちなみにこの日は、ただただおなか一杯になってしまい、

スープ割も、雑炊もしなかった。

DEKOでパンを食べてしまったために、少しおなか一杯になっていたのだった。

ということで、高崎に来たらかもんはおすすめです。