読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nowayのブログ

人間関係はミニマリストなnowayな私が省エネに生きる様を面白くお伝えできたらと思って書いていきます。

ZOZOTOWN割引クーポン配布時期に法則性はあるか

ファッション ライフハック
ZOZOTOWNのクーポン利用

みなさんは使っているだろうか?会員登録しているならほぼ毎日届く、

こんなメールだ。会員でない方も登録すれば即日使える。

今回は、法則性が無いかを確認してみた。もし解れば購入時期を調整しお得に買える。

f:id:ryoinoway:20160831063133p:plain

 

結論的にはある程度の傾向は見られそうだ。

今回参考にしたデータは、

2016年2月11日から9月3日までのZOZOTOWNからのメール配信を元に集計した。

毎日何かしらZOZOTOWNから配信されるメールは、フォルダ分けで受信しており、

ほぼ読まずに放置していたが、表題の件が気になり集計してみた。

集計方法は、

フォルダ内に「割引 クーポン」で検索をかけて行った

すると、2016年2月11日のABC-MARTが最も古かった。

確かもっと以前から割引クーポンはあった記憶だが、

メールで告知され始めたのが2月11日ごろからなのだろうかと予想している。

集計結果から、以下のことが予想される。

1:各ショップやブランドは経営母体が同じならば同一期間内にクーポン発行される

 (例)経営母体がワールド㈱ならば、TAKEOKIKUCHIやアンタイトルが安くなる

2:同月中に同じショップの割引は再度行われない。

3:経営母体が同じ会社単体の割引クーポンのほか、複数のブランドやショップが対象になった割引クーポンも毎月発行されている。よって、お気に入りブランドが割引クーポンにならない、という場合でもチェックすると見つかるかもしれない。

4:集計期間約半年の間で、同一ブランドの割引クーポンの発行数は最大でも3回。よっておおよそ2か月に1回は割引クーポンが発行される可能性がある。

5:割引クーポンの発行タイミングが定期的なブランドはない。4で触れた程度の頻度で予想するしかない。

以上が集計結果から分かった内容である。

意外に最大でも3回とクーポンの発行回数は少ない。しかしよく考えればその通りで、

衣替えの季節に合わせてクーポン発行しているとすれば、妥当な回数だろう。

その他

また集計結果とは無関係であるが、割引クーポンが発行された際の特徴として、

1000円台の商品が突然在庫なしになり、2000円台以上からの製品のみとなる、

などの調整が見られることが多い。

 

集計表の添付

集計した表は以下のとおりである。

個人的に買うブランドでいえば、

アーバンリサーチやナノユニバースは半年で3回発行されているが、

BEAMSやSHIPSは1回のみ。アローズに至っては0回である。

女性向けではearthmusicecologyが3回と多い。ABC-MARTも3回と多い。

割引クーポンが売り上げに繋がる購買層と、そうではない購買層があるのか。

このあたりは各社の販売戦略だろう。

f:id:ryoinoway:20160904144914p:plain