読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nowayのブログ

人間関係はミニマリストなnowayな私が省エネに生きる様を面白くお伝えできたらと思って書いていきます。

シドニアの騎士最終巻が出ていることに気付いて早速まとめて読んでみた感想と少しの考察

漫画・アニメ

シドニアの騎士はアニメから入った口で、すごい好みの内容ではまっていた。アニメが終わってから少し原作を読んでみたものの、完結していないということでいったん放置していた。最近「あれ?完結してんじゃん」と気づきさっそく読んでみたんだけど・・・(以下ネタバレ)

  

シドニアの騎士(15)限定版<完> (講談社キャラクターズA)

シドニアの騎士(15)限定版<完> (講談社キャラクターズA)

 

つむぎエンド

 かなりさくっとエンディングまで突き進み一気呵成に終わった印象を受けた。

というか、つむぎに告白するくだりはかなり意外性を感じた。だけどアニメでも一番かわいかったから納得するように頑張る。

ぎりぎり公然わいせつ的見た目のつむぎだったけど、なんであんなにかわいらしいのか全くの謎であるよ。

f:id:ryoinoway:20160201013108p:plain

やばいかわいいよ。動くとなおよいのだ。声もかわいい。

しかし、この物体に恋愛感情を抱く谷風という男の胆は太いよね。でも、つむぎいい子だからなあ。

まじめに考えると、死線を潜り抜けた戦友だし、信頼できるパートナーってのも大きかったんだろうね。星白因子だしね。

星白ボディ

エナが完全に人を再現したらそれは人?という問いと、シドニア血栓虫の人格転写の技法の合わせ技で、2体目のエナ白につむぎをインストールするという荒業。爆笑した。ええんかいそれで!と。ええんだけどさ。

でもなあ、エナ白の切なさにきゅんとした私の感情は置いてけぼりになった。つむぎインストールで。2体目エナ白のわずかに残存する星白の記憶のトレースからつぶやかれる「いや」とかよかったんだけどなあ。

エナ白

不気味な魅力で私を虜にしたエナ白。人間の形をしたエナという設定。若干のグロさのあるビジュアルはクールで良かった。

アニメで、1体目のドレス的なエナをまとうエナ白にはまったのはここだけの話だ。超かっこいい可愛い。白知的魅力。

2体目のエナ白は口の中に触手的なものがたーんと詰まっていたように思うけど、最終巻の星白の中身も、あのまんまなんだろうか。うーんクール、いいね。

でも、つむぎは健康的にかわいらしいので、せっかくのグロさの魅力は半減である。というか顔面がぱかっと4つに割れて、公然わいせつ的な顔面に戻るのではと危惧する。

 

ノリオの見せ場

序盤は嫉妬に狂うノリオ。星白が死んでしまうきっかけを作ったノリオ。嫌な奴ノリオ。中盤~終盤まで落合に乗っ取られたまんまのノリオ・・・。

後半の見せ場は単純にかっこよかったよ。継守に乗りたかったんだもんなあ。努力家だから良し。あと星白よりエナ白派の俺は、君の所業に感謝の念を辞さない。グロヒロインをありがとう。

残された謎の数々

最終回に至るまでにすべての謎が明らかにされる必要はない、と思うタイプなのでこの結末に不満はない。ガウナがなぜヘイグス粒子に惹かれるのかとかは、「そういうもんなんだろ、誘蛾灯みたいなもんだ。もしくは鉄を食べるがっちゃん」と思えてしまう。

ガウナは人に関心を持っている?とかいう問いも出てきていたけど、人に関心があるのか動く物体を反射的に取り込んでトレースしただけで意志は無いのでは?とか。ヘイグス粒子とカビに関心があるだけでは?とかね。仄シリーズが17Mになってガウナ化しても記憶が残っていたりとかいいよね。ワクワクする。組成変化してエナになっても記憶が続いているなんてシドニア血栓虫みたいじゃないか。

最終巻、大衆合船がエナをセブンに投下した理由なんてのも考察の余地として楽しんだらいいと思う。作者が完全に説明するのも楽しいし、エヴァ的に投げっぱなしで終わるのもいい。楽しんだらよい。土俵だけ用意してくれたら補完はこっちでするのだ。それが妄想の余地ってもんじゃない?

私的には、セブンに投下されたエナは問題ないということでシドニアから半分の人口が入植するわけだが、もう半分は別の入植地を探して宇宙を目指したラストから想像するに、セブンのエナは「ただちに影響はない」というもので、長期的に見てどうなるかはわからないリスクがあるから、リスク分散、人類の種の保存のため、エナ汚染の無い星を目指したんじゃないのという感想を持った。ガウナの戦略って戦うごとに進化していたからさ。きっとセブンのエナは・・・。

巨神兵と腐海

全体的にめっちゃナウシカ感を感じて読んでいた。つむぎの描写とか巨神兵じゃね?とか、エナに覆われた表現は腐海っぽくね、とか。落合や不死の船員会が墓所的な感じとか。ペンのみでかかれた画と相まってなおそんな印象を受けたのかもしれない。滅亡後の世界という点もさ。母性だけは誰にも感じなかったけどね。皆若いよね。艦長もほかのみんなも女って感じ、母ではなかった。熊はおばちゃんって感じだからさ。でもララァの中身はかわいい系。

まとめ

3期目のアニメ化希望!

やっぱ3Dグリグリ動く絵で見たいよ。弐瓶さんの絵わかりにくいからさー、今何が行われてるんだこれは?と確かめながら読んでいたのはここだけの話。

シドニアの騎士 コミック 1-15巻セット (アフタヌーンKC)

シドニアの騎士 コミック 1-15巻セット (アフタヌーンKC)